S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

--.--.--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイト | スポンサー広告 |



2007.10.31(Wed)


クロの読書


谷崎の、未読の作品を読む。そして恍惚の図↑。(でもって逆光)


比較的良く知られている作品は、学生の頃にだいたい読んだけれど
また読んでみたくなったので、未読のものを読んでいるところ。
いま読んでるのは「潤一郎ラビリンス」と銘打った文庫のシリーズ。
全作品が完全に網羅されているわけではないようだが、
全集に収められているような短編や中編が、手軽に読める。

--彼女の冴えた目の縁に、涼しい、透徹った露の玉が結ばれて、
それが静かに、清水の湧くように頬を流れる。--

なんて美しい文章なんだろうか…

こういう一節があると、そこのところを噛みしめるように
頁を行きつ戻りつする。 
言葉が、頭の中に美しいイメージの像を結ぶ。

ビジュアル系、ですかね。


潤一郎ラビリンス | 本 | com(0)|



comment


comment form

 管理者にだけ公開する






/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。